top of page

​Diary

自分の居場所・・・

今、立っている場所・・・自宅の部屋の中・・・職場の中・・・

車の中・・・街の雑踏の中・・・

大自然の中の静寂の中・・・

自分の心地いい本来の場所を探して・・・

自分の役目を終えた居場所には振り返らずに・・・

少しひんやりしてきた夕暮れ・・・

夕陽の斜光に照らされて、儚く、短い、それでも華やかな・・・

誰もいない秘密の場所・・・

遠い記憶を思い起こさせるような・・・

懐かしくも、ちょっとセンチメンタルな・・・

そんな、帰り道・・・

時間に追われる日々は、優しさや想像力、行動力を鈍らせる・・・

やはり、この場所は自分にとって心の故郷。

心も体も頭の中も「無」になれる。

夕陽の逆光と潮風が包んでくれる・・・

3月・・・別れと出逢いの季節・・・

何を手放し、何に出逢うのか・・・

bottom of page